プロジェクト

福島県を愛する人たちによる絆を深めるプロジェクトのFKPご紹介

kizunap

~福島の「農」「食」の再生に向かって~

私たちは、福島の「農」「食」の再生に立ち向かい、農産物生産者・食品加工業者を支援していきます。

fukkou_label1
firstimage
leaf_top_logo

プロジェクト

当法人は、下記の目的を達成するため、次の事業を行って参ります。
(1)放射能汚染による実及び風評被害で販売に苦しむ農産物、農産物加工品の販売支援事業
(2)安全な農産物の育成方法ならびに販売支援に繋がる放射線量検査事業
(3)安全な農産物及び農産物加工品であることの広告活動
(4)汚染された土壌及び環境に対して、浄化して行くための啓発活動
(5)除染作物における有効的な活用方法の提案と技術提供活動

福島農業復興支援プロジェクト

消費者の皆様へ、
安心して購入できる分析情報公開システム。

image2

このラベルが貼り付けてある商品は、すべて放射線測定分析を行っており、
全てND(検出せず)が確認された商品です。
QRコード及び当Webサイトにて、すべての分析結果を公開しております。

その場で、その商品の放射能分析値が確認できます。

<携帯で簡単アクセス>

qr

当法人は、世界一厳しいウクライナ基準を指標とします

「食」の安心と安全を公開しながら支援する私たちは国の暫定基準を受け入れることができません。
当法人は、世界一厳しいウクライナ基準以下であることを賛同(ラベル貼付け)商品の基準に致しました。
25年前に原発事故を起こし、大きな健康被害をもたらしたチェルノブイリ原発事故発生から11年を経て精査された世界一厳しい安全基準「ウクライナ基準」を参考に、プロジェクト運営をして参ります。

基準主食野菜果物乳幼児食品基準策定根拠
日本
(新基準)
10010010050(乳児用食品) 内部被爆線量/
年間1mSv以下想定
ウクライナ基準20407040(幼児用食品)内部被爆線量/
年間1mSV以下想定

復興支援ラベル貼付け商品売上の寄付について

この復興支援ラベルを貼り付けた商品売上の一部を当法人の活動資金に寄付していただいております。なお、随時寄付金額と使用内容については随時当Webサイトにて報告させていただきます。

※寄付金額は、賛同していただきました各企業(製造会社、流通会社、小売店など)様から3%~をいただいております。

商品賛同会社様、また販売支援会社様ならびに小売店様には、本当にありがとうございます。今後とも、福島食品類を少しでもご支援ご愛嬌頂きますよう、心よりせつせつにお願い申し上げます。

2012.2.1 廣田裕介

〈フローチャート〉

chart1

★NPO法人【Leaf】では、消費者の皆様に安全な食品をお届けしていることの証明として、製品に関する放射性物質検査、及び、厚生労働省食品放射線残留規制値(暫定基準値)の結果を一般公開しております。
詳しくはこちらのHPをごらんください。