シーシャの正しい吸い方を詳しく解説!【初心者必見】

シーシャの正しい吸い方を知りたい!
シーシャをより楽しんで吸う方法ってないの?

上記のようにシーシャの正しい吸い方が分からずに、悩んでいる方も多いでしょう。

そこで今回は、シーシャの正しい吸い方について解説します。

本記事では、シーシャの正しい吸い方だけでなく、シーシャをより楽しむための方法やシーシャの基本知識についても解説しているので、シーシャをこれから吸おうと考えている方はぜひご覧ください。

シーシャの正しい吸い方【初心者必見】

 

ここでは、シーシャを正しく吸うコツを3つ解説します。

シーシャは別名水たばこと呼ばれているため、シーシャとタバコの吸い方は同じと認識している方も多いでしょう。

しかし、シーシャとタバコの吸い方は全く異なっているため、本記事でシーシャの正しい吸い方を把握してくださいね。

深く吸って、深く吐くことが大事!

シーシャを吸う際は、深く吸って深く吐くことが鉄則です。なぜなら、シーシャの煙をタバコのように肺に入れすぎてしまうと、フレーバーの香りが弱くなってしまうからです。

シーシャは香りを楽しむ嗜好品であるため、フレーバーの香りが弱くなってしまうとシーシャを吸う意味そのものが薄れてしまいます。

ただ、どのようにシーシャを吸えば肺に煙を入れすぎずに吸えるのかが分かりませんよね。

シーシャを吸う際は、以下の手順で吸うようにしましょう。

  1. シーシャの中の水が音を立てるぐらいの勢いで煙を吸い込む
  2. シーシャの煙を吸い込む時間は、1~2秒間
  3. シーシャの煙を一度口の中に留めておく
  4. 息を少し吸い込むと同時に肺へシーシャの煙を少しだけ入れる
  5. ゆっくりとシーシャの煙を吐き出す

シーシャは、吸う時間や吸引力によって味が大きく変動します。美味しくシーシャを楽しむためにも、深く吸って深く吐くことを心がけましょう。

酸欠に要注意!適度な休憩を!

シーシャを吸う際は適度な休憩時間を設けて、酸欠に気をつけましょう。

シーシャを連続で長時間吸い続けると、酸欠に陥る可能性が高いです。

そのため、シーシャを3回吸ったら5分間の休憩を挟んで楽しむようにしましょう。

ただ、「シーシャがもったいないから休憩をはさみたくない」と考えている方もいるかもしれません。

そもそもシーシャはリラックスして適度な休憩を挟みつつ楽しむ嗜好品です。

シーシャを休憩している際は、おつまみやお酒、友人との会話を楽しんで5分ほどの休憩を終えたら再度3回吸うようにしてくださいね。

タバコと同じ吸い方はNG!

そもそもシーシャは煙を吐き出すことを楽しむものなので、肺に煙を入れることを楽しむタバコと同じ吸い方をしてはいけません。

タバコは煙を勢いよく吸って吐き出すのに対し、シーシャは吸う時間と吸引力は同じにする必要があります。

ですので、シーシャを吸う際は吸うときも吐くときも同じ強さで、吸う時間は通常の呼吸よりも少し長めであることを意識して吸うと、より長くフレーバーの味が楽しめるでしょう。

シーシャをより楽しむための方法

 

ここでは、シーシャをより楽しむための方法を2つ解説します。

シーシャには紙タバコや電子タバコでは出来ない楽しみ方が存在していますよ。

シーシャを長年愛用していたら、ただシーシャを吸い続ける毎日に飽き飽きしていた方もいるかもしれません。

ここで解説する内容を把握すれば、シーシャを吸うときがより楽しみになる可能性があります。ただシーシャを吸うことに飽きてきた方は、ぜひご覧ください。

アイスホースを試してみよう!

シーシャのアイスホースを一度試してみると、今までと違う味わいを楽しめます!

アイスホースとは、煙を冷却するために使用されるシーシャホースです。

アイスホースの内部には保冷剤と同じものが入っており、保冷剤を冷凍して使用すれば、そのチューブを通る煙が冷やされる仕組みになっています。

アイスホースを使用すれば、通常のホースでシーシャを吸うよりも冷たい煙と爽やかな口当たりでスッキリとした味わいが感じられますよ。

特に夏場にシーシャを吸うと、シーシャの水が温まってしまって煙がぬるく、本来のシーシャの爽快感が味わえない可能性もあります。

「通常のシーシャでは少し刺激が足りない…」と感じている方は、ぜひアイスシーシャを使用して爽快感を体感してみてください。

最近は電子シーシャもおすすめ!

自宅シーシャを楽しむ際に抱える問題として挙げられるのが炭の管理ですよね。

お店でシーシャを楽しむのであればスタッフが定期的に炭を調整してくれるので安心ですが、自宅シーシャでは自分たちで炭の監理をしなければいけません。

ただ、電子シーシャであれば炭を使用せずに電気の力で煙を発生させるため、炭の管理をせずに自宅シー社が楽しめます。

もし、炭の調整を忘れていたら、フレーバーが焦げてしまって美味しく味わえなくなる可能性もあるでしょう。

それに加えて、電気シーシャであれば通常のシーシャと比較して味落ちがしにくいので炭の管理が憂鬱な方には最適のシーシャといえます。

また、電子シーシャはニコチンフリーの商品が多くタールの量も少ないので、身体に与える害も少ないでしょう。

電子シーシャは炭の管理をする必要がなく、身体に与える害も少ないためおすすめの商品です。

シーシャとは?基本を解説!

 

ここでは、シーシャの基本概要について解説します。

シーシャを吸っている方の中には、具体的にシーシャがどのようなものなのかを把握せずに使用している方もいるかもしれません。

ここで解説したシーシャの基本概要を把握することで、よりシーシャを楽しく吸えるでしょう。

ここで得た知識を自宅シーシャをしている際に友人へ話してみると、より話が盛り上がるかもしれませんね。

シーシャは水たばこ!

シーシャは別名「水たばこ」と呼ばれています。

では、そもそも水たばこはどのような特徴の嗜好品なのでしょうか?

水たばこは、フレーバーと呼ばれる専用の香りが付けられたタバコの葉っぱに炭を乗せることで熱し、発生した煙をガラス瓶の中に入っている水を通して吸います。

水たばこは、通常の紙巻きタバコや電子タバコのようにサイズが小さくなく、小さいサイズのものでも高さ30cmもあるので、気軽に持ち運ぶことは出来ません。

そのため、水たばこを吸う際は外出中ではなく、シーシャ専門店や自宅で吸う場合がほとんどといえるでしょう。

そんなシーシャの特徴として挙げられるのが、さまざまなフレーバーと香りを楽しめる点です。

とあるシーシャ専門店では常時60種類以上のフレーバーを提供しているほどです。

さまざまなフレーバーを楽しみたいのであれば、シーシャの利用が適しています。

また、1回の燃焼時間は1時間と長いので、長時間タバコを楽しめることもシーシャの魅力的なことの一つです。

紙巻きたばこや電子たばこの燃焼時間は、どれだけ長くても10分が限界でしょう。

シーシャであれば、その6倍もの時間で1回のタバコを楽しめます。

シーシャは多種多様な味わいや長時間たばこを楽しみたい方におすすめの水たばこです。

シーシャの起源・歴史

ここでは、シーシャの起源・歴史について詳しく解説します。

シーシャの起源については諸説ありますが、1600年代のオスマントルコかエジプト、インドという説が有力です。

その中近東の国々でシーシャが発展した際に陶器やガラス、ひょうたんなどさまざまな素材で作られ始めます。

ガラスのシーシャに関してはドイツのヴェネツィアから輸入され始めて製造・販売を行われており、かなりの人気を誇っていたそうですよ。

ガラスのシーシャが当時中近東の国々で最も人気だったから、日本にもガラスのシーシャが広まったのかもしれませんね。

ちなみにヨーロッパ諸国へシーシャが広まったときには、アラブ諸国の人々が住んでいる国を中心にシーシャカフェができて、爆発的な流行をしていたようです。

それから日本にシーシャが広まっていき、現代に至っています。今では世界的に紙たばこの規制が増えているため、電子タバコやシーシャにシフトしている人々が増加傾向にあります。

現在日本の若者に大人気のシーシャなので、ますます発展していく可能性も考えられますね。

シーシャの健康への影響は?

シーシャを吸ううえで気になるのが健康への影響ですよね。

シーシャの構成はたばこの煙半分、フレーバーの蒸気半分で作られており、紙巻きたばこと比較したらニコチン・タールが含まれている量は少ないです。

ただ、少ないとはいえシーシャにはニコチン・タールをしっかり含んでいるため、吸いすぎに注意しなければいけません。

シーシャの煙は紙巻きタバコと比較して軽く、人によってはタバコを吸っている間隔を得られない可能性もあります。

そのため、健康被害を最小限にしつつシーシャを楽しみたいのであれば、一度に吸い込む煙の量を減らして少しずつ吸って楽しみましょう。

シーシャの正しい吸い方まとめ

 

今回は、シーシャの正しい吸い方について詳しく解説しました。

シーシャの醍醐味であるフレーバーの味が薄くなってしまう可能性っもあるため、深く吸って、深く履くことを心がけて吸いましょう。

また、シーシャを吸うと酸欠になる可能性があるため、適度な休憩をとりつつ吸うべきでしょう。

たとえば、シーシャを3回連続で吸ったら5分休憩してを繰り返すのです。

適度な休憩を設けることが、安全にシーシャを吸うために大切です。

さらに、シーシャは紙巻きたばこや電子タバコとは異なり、煙を吐き出すことを楽しむ嗜好品であるため、ほかのタバコと同じ吸い方をしてはいけません。

本記事で解説した正しい吸い方を参考にしつつ、自宅シーシャを楽しんでくださいね。